離島の活性化

我々の活動拠点である伊平屋村は、沖縄県の最北端で、東シナ海洋上に浮かぶ離島村である。美しい自然に囲まれ、歴史文化を持つ島であり、沖縄県では八重山とともに米が取れる貴重な離島でもある。

伊平屋村も他の農山村と同様、過疎化が進んでいると言わざるを得ない。過疎とは、急激な離村や離農現象が進展した結果、地域住民の生産と生活の諸機能が麻痺し、人口減少のために一定の生活水準を維持することが困難になった状態をいう。人口減少による税収入が減ることにより、教育、医療、防災などの公共のサービスが低下し、その結果、その地域における基礎的な生活条件の確保にも支障をきたすようになる。更には、産業の担い手不足などにより地域の生産機能が低下してしまうという悪循環を伴っており、非常に問題である。

活動方針

  • インターネットによる離島の情報発信
  • 商工会や村役場と提携したイベント開催による活動
  • 修学旅行や旅行代理店のツアー等の観光業促進活動
  • 民泊事業のベースとなる組織の開拓
  • 村の豊かな自然環境や伝統文化等の地域資源を生かした個性ある魅力的な地域づくり促進活動

村では、近年、村の活性化図る為に、島の自然や歴史文化等の地域資源を活用した体験型観光振興に力を入れ、様々な取り組みを展開している。我々もインターネットによる伊平屋村の紹介やイベント開催により、活性化に貢献する活動を現在行っている。村では、公共・福祉施設が足りていない、民泊事業のベースができてない等の解決しなければならない問題点もある。しかし、村の豊かな自然環境や伝統文化等の地域資源を生かし、個性のある魅力的な地域づくりを進めることにより村の過疎化を防ぎつつ活性化に繋げ、それが問題への解決へ繋がるであろうと考えている。
我々は、伊平屋村に出会った皆が美しく鮮やかな海と山の自然に感動し、様々な文化に触れることによりその素晴らしさを感じて貰うことを
望みつつ、そして、村民全員の更なる生活向上を願って活動を行うことを志している。