被災者支援

平成23年3月11日に発生した東日本大震災により、生活や環境が変わってしまった人々が多くいらっしゃるであろう。また、事故の発生により、避難を余儀なくされている人々が多く存在することも事実である。

多くの被災者の方々が健康上の不安を抱え、生活上の負担を強いられており、その生活支援の必要性が生じていることは現実問題であり、解決に向けた具体的な活動が求められている。特に子どもへの配慮や対応が求められている事に鑑み、子どもの健康のリスク軽減の必要性を考えざるを得ない。

活動方針

我々は、被災者に対する支援の一環として、伊平屋村や座間味などを一時疎開先とした提案を具体的に計画している。その計画実行には、多方面の協力を必要があり、課題点も多くあろう。それ故、被災者の不安の解消及び安定した生活の実現に寄与することを願って、更なる発展に向けた活動を行うことを我々は目標としている。また、被災地域の農業漁業関係者との文化交流なども視野にいれた活動を提案していきたい。